旬の食材を逃さない!クロスオーダーで円滑なコミュニケーションを実現

クロスオーダーで魚屋さんとのコミュニケーションを円滑に、最新の情報を仕入れる

HASABON (ハサボン)

小坂孝弘シェフが全国からこだわりの食材を厳選して、”日本の良きもの”を伝える神楽坂の古民家型飲食店。HASABON(ハサボン)様。 クロスオーダー導入で変化した発注業務についてうかがいました。

POINT!
①深夜の発注ミスや発注忘れがゼロに。
②旬のお得な食材を、リアルタイムでキャッチ。

深夜の発注ミスや発注忘れがゼロに

-クロスオーダーご導入の背景を教えてください。  

魚屋さんに発注する時、以前は深夜に受付の方に電話をさせていただくか、FAXで発注をしていました。その場合、たびたび発注のミスや発注漏れが発生していました。頼んだつもりの商品が届かないことは大きなストレスに感じていました。そんな時、魚屋さんからLINEで発注できるとのご連絡をいただき、LINEで友達登録をするだけとのことでしたので、早速やってみました。

– 実際にご導入されていかがでしたか。

発注ミスがなくなり、深夜の対応をしなくてもいい上に、キッチンから思い立った時にすぐ発注できるようになりました。また、発注を忘れてしまった時にも家から発注できるのでとても助かっています。発注の変更や取り消しができる事もとても良いと思います。発注をした際にLINEで通知が届き、間違えた際も魚屋さんが設定している時間までならいつでも変更が可能です。次の日に、昨日発注した商品を確認する時にも役立っています。

「クロスオーダー販促」で旬のお得な食材を、リアルタイムでキャッチ

– “日本のよきもの”をコンセプトにお店作りをされているようですが、小坂シェフがお客様に提供する価値として特にこだわっている部分はありますか?

「HASABON」には月に何回も来ていただける常連様が多い分、メニューにこだわっています。魚屋さんが旬のお魚や、限定商品を定期的にチラシとして配信してくれるので、気に入ったものは画面をワンタッチで購入しています。オススメ商品が画像付きで届くので、自分の目で確認して、安くおいしいお魚を仕入れることができています。メニューのバリュエーションが増える分、常連様にも毎回違う食材を楽しんでいただけていると思います。

-さらに追加してほしい機能などありますか?

注文履歴の検索機能が欲しいです。メニューの振り返りをしたり価格の確認をより正確に行うことで、お客様に味と値段の両面から還元できることが増えるので、今後作ってほしいですね。さらにクロスオーダーを広めて、使いやすくしていただけると助かります。

-本日は貴重なお話をいただきましてありがとうございました。クロスマートは素早い開発・修正スピードを武器に、飲食業界の発展に寄与していこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします!  

ハサボン様のページはこちら。店舗URL 


 

クロスオーダーについての詳細は
お気軽にお問い合わせください。
担当から詳しくご説明いたします。