利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、クロスマート株式会社(以下「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供する本サービス(第1条で定義)の利用条件を定めるものです。
本サービスの利用希望者は、本規約の全てに同意いただく必要があります。また、本サービスの利用により、利用者の皆さまは、本規約に同意したものとみなされます。

第1条(定義)

(1)「本サービス」とは、「クロスオーダー」という名称の受発注サービス、その他これに付帯するサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)をいいます。
(2)「登録希望者」とは、第3条第1項に規定する者をいいます。
(3)「登録情報」とは、第3条第1項にいう「登録情報」をいいます。
(4)「利用契約」とは、第3条第1項にいう「利用契約」をいいます。
(5)「ID情報」とは、第5条第1項にいう「ID情報」をいいます。
(6)「サブID情報」とは、第5条第7項に規定する「サブID情報」をいいます。
(7)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権、それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利をいいます。
(8)「発注者」とは、食料品・飲料又は備品の買い手をいいます。
(9)「受注者」とは、食料品・飲料又は備品の売り手であって、当社所定の手続きに従い、本サービスの利用の申請をし、当社がこれを承認した方をいいます。
(10)「ユーザー」とは、発注者及び受注者の総称をいいます。
(11)「外部サービス」とは、LINEその他の他の事業者が提供している当社所定のサービスをいいます。
(12)「外部事業者」とは、外部サービスのサービス提供者をいいます。
(13)「外部利用規約」とは、ユーザーと外部事業者との権利関係を定める規約をいいます。

第2条(適用)

(1)本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
(2)当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
(3)本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。

第3条(利用登録)

(1)本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することを同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を、当社所定の様式の申込書の提出その他の当社の定める方法によって本サービスの利用の申請をし、当社がこれを承認することによって、本規約の諸規定に従った本サービスの利用にかかる契約(以下「利用契約」といいます。)がユーザーと当社の間に成立するものとします。
(2)本サービスには有料オプションサービスがあります。ユーザーは、オプションサービスに設定されている利用条件を承諾の上で利用申し込みを行い、オプションサービスを利用するものとします。
(3)当社は、登録希望者に以下の事由があると判断した場合、本サービスの利用の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
①申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
②登録希望者が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団員又は暴力団準構成員でなくなった日から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他暴力、威力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
③本規約に違反したことがある者からの申請である場合
④成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
⑤その他、当社が本サービスの利用を相当でないと判断した場合
(4)ユーザーは、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。

第4条(本サービスの利用)

(1)ユーザーは、利用契約の有効期間中、本規約に従って、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。
(2)発注者は、受注者に対して、本サービスを利用することにより、当社の定める方法に従い、外部サービスを利用して、食料品等の発注を行うことができます。
(3)本サービスにより、発注者及び受注者との間で受発注が行われる場合、両者間で当該受発注に関する売買契約が成立するものとし、当社は、当該売買契約の当事者にはならないものとします。
(4)受注者は、発注者に対して、本サービスを利用することにより、当社の定める方法に従い、食料品等の案内をすることができます。

第5条(ユーザーID及びパスワードの管理)

(1)ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーID及びパスワード(以下「ID情報」といいます。)を管理するものとします。
(2)ユーザーは、いかなる場合にも、ID情報を第三者に譲渡又は貸与することはできません。当社は、ID情報が登録情報と一致してログインされた場合には、そのID情報を登録しているユーザー自身による利用とみなします。
(3)ID情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
(4)ユーザーは、ID情報が盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。
(5)当社は、発注者の登録情報(店名、電話番号等)を、原則として事前の了承を得ずに、利用目的の達成に必要な範囲を超えて第三者に共有することはありません。但し、以下に定める場合には、発注者の同意を得ずに第三者に提供できるものとし、発注者は予めこれに同意するものとします。
・発注者の同意があった場合
・本サービスに登録している受注者が本サービス上で閲覧する場合
・発注者を識別することができない状態で統計的なデータとして開示・提供する場合
・本サービスの提供において当社が必要と判断した際、弁護士等、当社に対して秘密保持義務を負う者に対して開示する場合
・合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合
(6)当社は、事業運営上、業務委託先に登録情報の取扱いの委託及び委託先商品の提案をすることがあります。この場合、当社は、登録情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることや提案可能な委託先商品の選定を当社が行うことを条件として委託先を厳選します。
(7)当社は、受注者に対し、受注者の担当者ごとに本サービスを利用することができるID及びそのパスワード情報(以下「サブID情報」といいます。)を発行します。
(8)当社からサブID情報の交付を受けた受注者は、そのサブID情報を利用する担当者に対して、本規約を遵守させるようにしなければならないものとし当該担当者による本規約への違反は、ユーザーの違反とみなします。

第6条(利用料金及び支払方法)

(1)受注者は、本サービス利用の対価として、当社が別途定める申込書に記載される利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。決済手数料その他支払に必要な費用はユーザーの負担とします。
(2)受注者が利用料金の支払を遅滞した場合、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第7条(禁止事項)

(1)ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。なお、受注者は、サブID情報の交付を受け、それを使用する受注者の担当者に対し、以下の行為を行わないよう適切に管理するものとし、当該担当者が以下の行為を行った場合には、受注者が当該行為を行ったものとみなすものとします。
①法令又は公序良俗に違反する行為
②他者の名義を用いるなどして、他者になりすまして本サービスに申し込み、又は利用する行為
③本サービス上のコンテンツ等をそのまま、あるいは変更を加えて複製し、第三者に公開、表示する行為
④当社のサーバー又はネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
⑤当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
⑥その他、当社が不適切と判断する行為
(2)当社は、本サービスにおけるユーザーによる情報の送信行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、ユーザーに事前に通知することなく、当該情報の全部又は一部について削除、送信停止その他の措置をとることができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負うものではありません。

第8条(本サービスの提供の停止等)

(1)当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。
①本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検又は更新を行う場合
②地震、落雷、火災、停電又は天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
③コンピュータ又は通信回線等が事故により停止した場合
④外部サービスに、トラブル、サービス提供の中断又は停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等が生じた場合
⑤その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
(2)当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。
(3)当社は、本サービスの提供の停止、中断又は終了により、ユーザー又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第9条(権利帰属)

本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本規約において明示されているものを除き、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。ユーザーは、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

第10条(情報の利用)

(1)当社は、登録情報を用いて、本サービスの利用に関する各種のご案内をします。
(2)当社は本サービス上において、ユーザーが登録又は送信した情報、取引相手との受発注に関する情報、その他の情報については、当社において、本サービスの提供、広告宣伝その他のマーケティングの実施及び当社の新規事業開発のために必要な範囲で利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することがあります。
(3)当社は、統計的目的で本サービスの利用状況を分析し、統計結果を第三者に公表し又は提供することがあります。但し、個々のユーザー及び個人情報が識別されることのないようにします。
(4)当社は、ユーザーから本サービスに関するフィードバックを取得する場合があります。ユーザーは、フィードバックの内容につき、当社が無償利用すること及びユーザーが本サービスを解約し又は解除するによって本契約が終了した場合にも引き続き当社が利用することに同意するものとします。

第11条(事例の公開)

(1)当社は、ユーザーからの特段の申し入れのない限り、ユーザーの会社名を本サービスを導入している企業として公開することができるものとします。
(2)ユーザーは、事例を公開する場合に必要な範囲で、当社がロゴ及び商標等の使用することを無償で許諾するものとします。

第12条(利用制限及び登録抹消)

(1)当社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部若しくは一部の利用を制限し、又はユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
①本規約のいずれかの条項に違反した場合
②登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
③利用料金の支払が滞った場合
④当社、ユーザー又は外部事業者その他これに関係する第三者に対して損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
⑤支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
⑥自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けた場合
⑦差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
⑧租税公課の滞納処分を受けた場合
⑨死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
⑩6ヶ月以上本サービスの利用がなく、当社からの連絡に対して応答がない場合
⑪第3条第3項各号に該当する場合
⑫外部利用規約に違反したことその他の理由によって、ユーザーが外部事業者から、そのサービスの提供や連携を受けられなくなった場合
⑬その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
(2)当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。
(3)第1項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
(4)当社、登録取消その他の事由によりユーザーとの利用契約が終了した場合でも、当該ユーザーから受領した利用料金を返還する義務を負わないものとする。

第13条(免責事項)

(1)当社の債務不履行責任は、当社の故意又は重過失によらない場合には免責されるものとします。
(2)当社は、受発注を管理するシステムを提供するに過ぎず、受注者と発注者との間の売買契約の成立及びその履行が適切になされることその他当該売買契約に関する一切の事項につき如何なる保証も行うものではありません。また、受注者と発注者との間で発生したトラブルについては当事者間で解決するものとし、当社はいかなる責任を負わないものとします。
(3)本サービスは現状有姿で提供されるものであり、当社は本サービスについて特定の目的への適合性、商業有用性、完全性、継続性等を含め、一切の保証をするものではありません。
(4)当社は、ユーザーが送受信した受発注データその他の情報(決済に関する情報を含みますが、これに限られません。)を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではありません。なお、当社はかかる情報の消失に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
(5)当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、当社の賠償責任は、通常生じうる損害の範囲内に限り、逸失利益、事業機会の喪失等の間接的な損害は含まないものとします。また、当社の賠償責任は、(i)有料サービスの対価の額(但し、継続的に利用料金が生じる場合は、損害の事由が生じた時点から遡って過去1か月の期間に当社がユーザーから現実に受領した本サービスの利用料金の総額)又は(ii)100,000円のいずれか高い額を上限とするものとします。当社は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザー又は、外部事業者その他の第三者との間において生じた取引、連絡又は紛争等について一切責任を負いません。
(6)当社は、ユーザーから提供された情報の正確性について、いかなる保証を行うものではなく、一切責任を負いません。
(7)本サービスは、外部サービスと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、本サービスにおいて外部サービスと連携できなかった場合でも、当社は一切の責任を負いません。
(8)本サービスが外部サービスと連携している場合において、ユーザーは外部利用規約を自己の費用と責任で遵守するものとし、ユーザーと当該外部サービスを運営する外部事業者との間で紛争等が生じた場合でも、当社は当該紛争等について一切の責任を負いません。

第14条(秘密保持)

(1)本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して、当社及びユーザーが、相手方より書面、電子メール、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示された、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する情報のうち、秘密である旨が明示された情報を意味します(なお、口頭により開示された情報については、開示者が被開示者に対して秘密である旨を告知し、開示後14日以内にその内容を文書化して交付した場合に限り秘密情報として扱うものとします。)。但し、以下の場合は秘密情報から除外するものとします。
①相手方から提供又は開示がなされたときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの
②相手方からの提供又は開示後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
③提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
④秘密情報によることなく単独で開発したもの
⑤相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
(2)当社及びユーザーは、秘密情報を本サービスの提供又は利用の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
(3)前項の定めにかかわらず、当社及びユーザーは、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければなりません。

第15条(ユーザーの損害賠償責任)

(1)ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。
(2)ユーザーが、本サービスに関連して他のユーザー、外部事業者その他の第三者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、ユーザーの費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。
(3)ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が、他のユーザー、外部事業者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、ユーザーは当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

第16条(有効期間)

利用契約は、ユーザーについて第3条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該ユーザーの登録が取り消された日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社とユーザーとの間で有効に存続するものとします。

第17条(サービス内容の変更等)

当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更し又は本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第18条(利用規約の変更)

(1)当社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
(2)当社は、本規約を変更する場合には、ユーザーに当該変更内容及び変更の効力発生時期を、当該効力発生時期までに当社所定の方法で告知するものとします。また、当該変更内容の通知後、ユーザーが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第19条(通知又は連絡)

ユーザーと当社との間の通知又は連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。

第20条(権利義務の譲渡の禁止)

(1)ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡し、又は担保に供することはできません。
(2)当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします。)した場合には、当該譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第21条(存続規定)

第5条第3項、第6条(但し、未払いがある場合に限ります。)、第7条第2項、第8条第3項、第9条、第10条第2項、第3項及び第4項、第11条、第12条第2項から第4項まで、第13条、第14条、第15条、第17条、第20条、本条並びに22条の規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。但し、第14条については、利用契約終了後3年間に限り存続するものとします。

第22条(準拠法・裁判管轄)

(1)本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
(2)本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2019年11月1日改定】
【2019年12月6日改定】
【2020年3月23日改定】
【2020年4月1日改定】
【2020年5月24日改定】
【2021年7月1日改定】

以上